1. アフィリエイト指導記録
  2. 410 view

アフィリエイトで最初にやるべきことは2つと後1つしかないって話

2018 04 21 01h31 59 - アフィリエイトで最初にやるべきことは2つと後1つしかないって話

結構アフィリエイトのテクニックって散らばってますよね?もうそれこそ1ページに1万文字ぐらいつらつらと書いてあって、最後に読み切るころには無理だと気付いておわりでしょ?

 

私も上位のページ10個ぐらい読みんだけど、大抵流れの途中でワードプレスを使って、○○というテンプレートを買って後は記事さえ書けばOKみたいな感じで、1、2万ぐらいのテンプレート売るための記事になっている(笑)

大抵賢威かな。アフィリ報酬1万が美味しいしね・・・。うん。でももうすぐ賢威8になるし、私も正規代理店契約しているくらい素晴らしいソフトなのは間違いない。

 

後はブロガーさんは誰より先にサーバー契約させたいのかな?ここがマネタイズのポイントだろうな・・・。

 

でもね、アフィリエイトってたった2つのことだけに集中すれば結果がでるんですよ。

 

基本的に人を集める→クリックさせる。

 

この二つを追求していけば良いだけなんです。もうアドセンスなんて死ぬほどシンプルで人を集めてクリックさせるためにどうあるか?だけを追求すれば結果が出るんです。

 

それ以外は些末な部分で、集中すべきところは人を集める→クリックさせる。この2つですよ?ただ、この2つを維持させるために一番重要な要素がモチベーションなんですね。

 

やる気の維持。そこをどうクリアするか?その仕掛けを作らないと初心者の9割は間違いなく挫折です。

 

アフィリエイトで最初に覚えるべきことはモチベーション維持の方法

 

だって考えてもみてくださいよ。理想を全部理解して、トップアフィリエイターみたいにコンテンツ重視て10000文字を書けば良いって・・・。そりゃ言っていることは正しいですよ?

 

でもね?仕事で疲れ切ったサラリーマンが仕事後に10000文字書けますか?

 

原稿用紙20枚ですよ?20枚!!

 

バカ言うなって話でしょ? 3000文字だって原稿用紙10枚近く。夏休みの4枚程度の作文に丸一日かけていた人が、優良コンテンツも詰め込んで10000文字もかけるわけがない。

 

ネットにおける優良記事の意味すら分からない。

だって脱毛やキャッシングで優良な記事って何ですか?

 

さっぱりわからないでしょ?

 

しかも1万文字書いて明日結果が出るわけじゃないですよ?それを30日続けるとか、いくらあなたが文章好きなどMでもできないでしょ?(笑)

 

だから、そういうのは辞めてですね。まずはやる気を続けさせる環境を作る仕掛けを作るというところが重要なんです。

 

まどろっこしい言い方ですが、モチベーションが維持できるような環境を機械に任せて自動で作りましょ?って話なんですよ。

 

で、そこで私は考えたわけですよ?

 

どーしたら、仕事後の疲れ切った2時間でモチベーションを維持できるかな・・・?

 

売り上げも上がってないのにですよ?明日の夢見て続けられるかなって。モチベーションが金じゃ無理なんですよ?

 

だって1か月後に1/100ぐらいの確率で、土の中から1万円札がでるからって、毎日穴堀りできないでしょ?

 

じゃあ、金も発生しないのにどうやったらモチベーションが維持できるのか

 

ここ重要じゃない?

 

① 美人に毎日「陰で頑張ってるね!すごいね!」って声をかけられる

2018 04 21 00h35 52 - アフィリエイトで最初にやるべきことは2つと後1つしかないって話

 

② イケメンに「頑張るあなたをいつも見守っています。好きです」ってっささやかれる

2018 04 21 00h36 46 - アフィリエイトで最初にやるべきことは2つと後1つしかないって話

 

これが理想なんですけどね、それはちょっと無理でしょ?これをやってもらうためには多分莫大なコストが発生しちゃいますからね。

 

で、私は思ったわけですよ。

 

とにかく毎日どこかの誰かに1回は見てもらえている状態を強引に作れないか?ってね!

 

人って努力を誰かに毎日見てもらえるだけでうれしいでしょ?

さらにそれが認められたら例えお金が発生しなくても頑張り続けられるでしょ?

 

で、どうするか?

 

どこぞのブロガーが言っているワードプレスですか?

本当にワードプレスブログ使ったら、毎日どこかの誰かが必ずあなたの1記事を見てもらえますか?

 

ありえないっしょ?

 

「だ・か・ら」アメブロなんですよ。アメブロ。

 

多分、アメブロだけです。強引にあなたの記事を見てもらえる機能があるのってアメブロだけ。まあ、はてなブログもそういう機能あるのだけど、自分からは仕掛けられない。

 

アメブロだけは「ペタ・読者登録・いいね・なう」とかがあって自分で自分のブログを500人以上にPRできるんですよ。

 

「し・か・も」自動で。というわけで、私はメルマガ講義の第一章にアメブロを主軸に置いたんですな。

 

他にも意味ありますよ? まあこの辺で飽きた人は読み飛ばしてもいいけど。

 

今巷で健康アップデートとか、網羅性とか共起性とか言っているじゃないですか?

 

つまり内容が良くて詳しくてわかりやすければOK的な感じ・・・。

 

うん。ダメですね。ダメ。この発想。

 

今回のグーグルアップデートは結局のところ、何がかかれているか?じゃなくて誰が書いたのか?ってところにシフトしちゃったわけですよ。

 

昔まではね、誰よりも早く詳しく丁寧に分かりやすくで良かったんだけど。これからはその方向だけじゃ全然ダメなんだな・・・。

 

なぜか分かります?

 

コピーのスピードが0.00001秒ぐらいになってAIがコピーしちゃうと、AとBの情報の鮮度にはほぼ差がなくなっちゃうからです。

 

で、スピードに差がなくなるとAとBの記事の内容のどこを信じたらよいか分からくなる。コピーじゃなくても、正直言って両方そこそこ良いっていう状態になるんですよ。

 

そんな世界でどうやって優劣をつけるのか?

 

それはもう作りての人間性の部分しかないんだな・・・。

 

でですね。人間性の部分ってどうやってブログに入れます?それをどうやって育てていきます?

 

そういうものってね、人との関係性の中ではぐくまれるもんなんですよ。

 

で、ワードプレスで毎日1記事書いていれば、それができますか?

 

人に見られてないのにできないでしょ?自己中で終わりじゃん。

 

なんかトップブロガーとかアフィリエイターっていつもこの辺を捉えずにトップダウンで指導するんだな・・・。

 

これを何とか辞めさせたい。というか別の角度の指導を私は提案したい。

 

彼らは言ってることが正しいだけに本当に厄介です。

 

初めからサイト設計もできて、キーワードも予測して、コンテンツの質を高めて10000文字を書き続ける。

 

無理無理無理無理。

 

間違いなく塾の下位クラス持たせたら学級崩壊だなって思ってます。

 

でもほらアフィリエイトだと学級崩壊させても金銭リスクほぼワードプレスのテーマ代ぐらいだし、NOTEで情報商材っぽい記事読んだところで、1万程度でしょ?

 

だからまあ、諦めてくれるんだろうね。

 

でも受験はやべーよ?高校落ちるもの。大学浪人発生させるもの。外国人は落ちたら帰国だもの・・。

 

みんなはじめっから目標高く設定させ過ぎだっつーの!!

 

っていうことで、まずはアメブロで人間関係構築しながら、モチベーション維持して、ブログに血を通わせて稼げる体質を作れってことが私の第一生の本質。

 

まだあるよ?もっと別のSEOの観点。ただ、そこは特典ね?

 

最初の壁のモチベーションが維持で来たら次は集客を考える

で、何とか毎日見てもらえるってことで、モチベーションを維持できたら、次は本格的な集客を覚える段階に来てます。

 

アメブロだけでも集客がある程度できるだけど、チラシを配るんじゃなくて、今度は来てもらうようにブログを整えていくというハードルが発生する。

 

この地点でサイト設計なんですよ。いやもっと後でも良いんですけどね。

 

カテゴリ分け、キーワード配列。網羅性とか、共起性とかそういう話はココから徐々に考え出す。でも正直言って、この段階でも素人はできません。

 

だってキーワードツールの使い方も覚えるし、ライティングも向上させなきゃならないし、共起語なんて難しい用語覚えながら作ったブログはそうすぐには集客に成功しないし、稼げない。

 

しかもジャンルによっては、後から後から新しい語彙が増えちゃって、それに伴って初めに設計したカテゴリ自体が崩れていく・・・。

 

ああ、無理無理!ハイ挫折!!ってならないようにまたまた考えたわけですよ。

 

ええ、考えましたたとも教師20年やってりゃ、どこでどうやって素人がつまずくかが大体見えてくるんですよ。

 

で、そういうものは見ながら自分で学ばなければならない。独学ならね?じゃあ、そいう質の良いブロガーが集まっているのがどこか?

 

ワードプレスですか?

 

ワードプレスにそういう場があって触れ合えるんですか?

 

だからブロガーサロンに入れって結論ですか???本当にそれで成功するんですか?

 

プラグイン??ウェジット???グローバルメニュー???

PHP?? アーカイブ??

 

この意味不明な用語だけで頭痛くなるのに、さらに別の専門用語まで覚えさせて、一気にやらせようとする教師なんて鬼でしょ?

 

まじで一度全員塾講師やらせたい。

 

だから「は・て・な」なんですよ。

 

まずですね。はてなって限りなくワードプレスに近いんです。作りがね?

そしてブログがぶっ壊れないように制限がかけられている。

 

そこでカスタマイズでのつまずきを最低限にして、質の高いブログを読みながら成長する。収穫できてそうなブログとそうじゃないブログの判別をしていく。

 

キーワードツールの使い方も覚えて、カテゴリ分けなんかも試行覚悟して、他人の面白思考法を取り入れていく。

 

ドメインの強さを生かしてキーワードを考えながら少しずつ成長していく。そういうものを第二章に私は取り入れたってわけです。

 

で、ここまでで成果が発生します。なぜならモチベーションの維持と集客だけで、最後のセールスをアドセンス様に任せているからです。

 

基本的に人を集める→クリックさせる→報酬発生

 

人を集める→クリックさせる→購入してもらう→報酬発生。

 

アドセンスを使うことによってここの難しい壁を超えるんですな。で、ほんのちょっと報酬を発生させてモチベーションの維持をしつつ技術を磨き上げていく。

 

そうやって逆算してここまでで50回近い無料講義です。

 

でもって、最後の壁のセールスの始まり。

 

モチベーションの維持と集客を覚えたら後はセールス

最初の壁であるモチベーションの維持と、集客を覚えたら、最後はセールスなんです。いわゆるコピーライティングとか言われるもの。

 

多分ここまで私が直接導いて1か月から3か月かかる。報酬を発生させるまでは数週間でできてもセールを覚えてもらうの難しいです。

 

まずは前提としてそのキーワードにおける顧客心理を学ぶ必要がある。それまでに沢山のお客さんと話す必要がある。

 

ただ、ネットじゃできないですからね。

 

それを学ぶのには時間がかかるんですよ。このキーワードで何を言えば顧客が動いてくれるのか?センスと言えばそれまでなのだけど、きちんとアンケートを取って学ばなければならない。

 

でも、アンケート配る相手が見えないでしょ?だから第一章のブログと第二章のブログを使うんですよ。そこのアクセス解析などを見ながらリサーチする。

 

で、第一章、第二章ときて最後に第三章でこの辺が徐々に見えてくる。私の講義ここで100回分です。3か月経つとど素人でもこうやって世界が見えて来ます。

 

なのにですよ。

 

いきなりワードプレスですか?

 

ホントですか?

 

いきなりワードプレスですか???

 

まーね。そりゃ時間もあってセンスもあって、周りの協力もああって、PCに元々詳しい人もいますよ。ただ、そんなのレアでしょ?

 

だから私は順番にやっていけ!っていうのに。

 

アメブロは削除されるから嫌とか、ワードプレスは広告なしで使えて最強っぽいとか、なんなんですかね?

 

技術を身に着けるのにはね、コツがあるんです。コツが。それを教えられない人が教師を名乗っちゃうからなぁ。怖いものだ。

 

まあ、センスが良ければ東進のDVDだけで東大受かる人もいますしね・・・。でもやった気にさせるプロと実際にやらせるプロって違いますよ?

 

周りのなかじゃ、ちょっと自分が秀でていると思っても、やってみるとライバルだらけってこともあるし、学びの順番を間違えると1年を棒に振るんだけどなー・・・。って思ってます。

 

というわけで、ここまでで4500文字ぐらいです。

 

みなさんできますかね?仕事後に結果も出ないのに毎日できますかね?理想語って、ワードプレス使わせれば、高額なテーマを買わせれば、結果出るんですかね?ホントですかね?

 

ってマジで思ってます。私はそういう教え方は無理ですね。だってもっと低いところからのボトムアップを考えていますから!!


.jpg - アフィリエイトで最初にやるべきことは2つと後1つしかないって話

アフィリエイト指導記録の最近記事

  1. アフィリエイトで最初にやるべきことは2つと後1つしかないって話

  2. アメブロとはてなブログだけで月収25万を稼ぐ方法!もちろん完全放置でね♪

  3. クソ稼げないペラサイトは商品からのライティングが真逆なんだよ!

  4. アフィリエイト開始3か月で月収20万稼ぎたいなら美容ジャンルで間違いない

  5. アフィリエイト開始1年で月収100万行く人の共通点

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP